しじみが肝臓に効果がある理由

しじみが肝臓に効果がある理由[肝臓に良いサプリメント]

しじみが肝臓に効果がある理由

アルコールを摂取した翌朝等にしじみのお味噌汁を飲む方も多いのでは無いでしょうか。

しじみは、タウリンや良質のタンパク質、メオニチン、ビタミンB2、B12、鉄分
を含むため、肝臓に良い食品として知られています。

タウリンは硫黄を含むアミノ酸の一種で胆汁の排出を促し、
肝臓の解毒作用を活発化させ、肝臓の働きを助けます。

他にもアラニンやグルタミンなどのアミノ酸を含んでいて、
アルコールを代謝する酵素を活性する作用があります。

タウリン以外にもメオニチンは肝臓の機能を正常に保ちます。

良質のタンパク質が肝臓の修復・再生を担います。
ビタミンB2、B12は、脂肪の代謝を補い、脂肪肝の進行を抑制します。
また、肝臓の機能を高めます。

鉄分は、免疫力を高め、粘膜を丈夫にし、造血作用で血を増やします。
肝臓の病気にも効果的ですが、鉄分不足の人にもお勧めです。

特にしじみの味噌汁にすることで、味噌からもコリンを摂取することができます。
コリンは、肝臓内のアルコールが脂肪になって蓄積されるのを防ぎます。
つまり、脂肪肝の予防に良いのです。

しじみには、肝臓病予防以外にも沢山の良い効果があります。
体内のコレステロール増加の抑制効果があり、肥満防止に効果的です。

新陳代謝を高めてコラーゲンの合成を補助し成長ホルモンを促したり、
髪の毛にツヤが出たり美肌・美容に効果的です。

ホーム RSS購読 サイトマップ