脂肪肝の基礎知識

脂肪肝の基礎知識[肝臓に良いサプリメント]

脂肪肝の基礎知識

脂肪肝について知っておきたい基礎知識を身につけていきましょう。

 

脂肪がつくことによって引き起こされる脂肪肝は実は「病気」のくくりではありません。病気ではなくても脂肪肝が原因となったガンや動脈硬化が発生することもあり、最悪な場合、死に至ることもあります。

 

できるだけ早いうちに脂肪肝に気付き、対策していかなければなりません。

 

【大量の飲酒・食事が原因!?】

脂肪肝の主な原因は日ごろの生活習慣となっています。

 

毎日大量のアルコールを摂取していたり、食事が脂っこいものばかり食べていると肝臓に脂肪がつきやすくなります。そのような生活が毎日続けば脂肪肝になる可能性が高くなります。

 

脂肪肝になる人の多くがアルコールの過剰摂取、脂っこい食事による血中コレステロールの上昇が原因です。生活習慣による原因が多いのであれば、自分の習慣を見直していけば改善できるということでもあります。

 

ただし、脂肪肝はアルコールが原因となってできるものだけではありません。

 

アルコール以外でなる脂肪肝のことを「非アルコール性脂肪肝」と言いますが、このケースは非常に危険な脂肪肝でもあります。肝臓の働きそのものに異常があり、細胞が正常に働いていないということになります。

 

非アルコール性脂肪肝の多くはそのままにしてしまうと後に肝硬変、肝臓がんといった死をもたらす病気を引き起こす可能性が高いです。アルコールや脂っこい食事をしてもいないのに肝臓の機能が弱い人は要注意です。

 

【30〜40代、老化が始まる年代に多い】

だんだん歳を重ねるごとに体にかかる負担が大きくなり、機能の老化が始まります。
機能の老化が始まる30〜40代に増えてきているのが「脂肪肝」です。

 

肝臓の老化が進むだけでなく、人間の体に必要なエネルギー源となる成分の吸収力も低下していきます。ここが大きなポイントになるのですが、吸収力がなくなれば成分が凝縮されているサプリメントを摂取しても吸収することはできません。

 

まずは、自分の体質を変えていくようにしましょう。

 

適度な運動や栄養バランスの良い食事を毎日摂っていくことが大事です。
自分次第で改善することができるということを忘れないでください。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ