脂肪肝になる原因とは?

脂肪肝になる原因とは?[肝臓に良いサプリメント]

脂肪肝になる原因とは?

脂肪が蓄積されて発生する「脂肪肝」は脂肪が溜まりやすいような生活習慣が主な原因です。自分の生活が当てはまっているかどうか、一緒にチェックしていきましょう。

 

脂肪肝になる原因は次の通りです。

 

アルコールの飲みすぎ

30代〜50代に多い病気であるように、アルコールを摂取しすぎている人が発症しやすくなっています。会社の飲み会や付き合いなどで毎日アルコールを飲むことがあるかもしれませんが、できるだけアルコールは摂取しない方が良いです。

 

アルコールが原因となってできる脂肪のことを「アルコール性脂肪肝」と言います。

 

健康的な体の人はアルコールを摂取すると肝臓でアルコールを分解してくれる物質が働き、アルコールを対外に排出してくれます。しかし、アルコールを大量に摂取しすぎると分解物質が追いつかず、肝臓にアルコールが溜まっていってしまうのです。

 

それが毎日続くとなるとなおさら体に悪影響を及ぼしてしまいます。
アルコールの過剰な摂取は避け、飲みすぎた翌日には必ず肝臓を休ませてください。

 

糖尿病・肥満の人

もとから糖尿病をもっている、または肥満体型に近い人は脂肪肝になりやすいと言われています。

 

なぜそのような人がなりやすいのかというと、インスリンの働きが低下しているこことが挙げられます。インスリンは血液中のコレステロールを下げる効果があります。インスリンの働きが低下すると血糖値が徐々に上がっていってしまうのです。

 

糖尿病、肥満、高脂血症がみられる人は脂肪が肝臓に溜まりやすいことを知っておいてください。

 

無理なダイエット

多くの女性がダイエットをしていますが、食事制限や激しい運動といった無理なダイエットは逆に肝臓に負担をかけてしまうことがあります。

 

肝臓の負担が増えれば増えるほど脂肪が溜まりやすくなります。ダイエットをするのであれば食事制限をせずに肝臓に負担をかけない程度で行わなければなりません。自分に無理なダイエットをしてもすぐにリバウンドをしてしまいます。

 

リバウンドを繰り返すことでも肝臓に負担をかけてしまうので気をつけてください。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ