オルニチンはいつ摂るの?

オルニチンはいつ摂るの?[肝臓に良いサプリメント]

オルニチンはいつ摂るの?

オルニチンは肝臓の解毒サポートとしてとても効果のある成分ですが、オルニチンの摂取でお酒に酔わなくなるかと言うと、それもちょっと違った認識ですね。

 

ただ、確かにオルニチンがどのタイミングで私たちにプラスにはたらいてくれるのか、あまり良く分かっていないかもしれません。オルニチンはいつ摂るべきなのか?具体的な活用法を調べてみましょう。

 

基本的にはいつでもOK

オルニチンは、たんぱく質を分解して作る栄養素です。サプリメントで摂取する場合でも、別に薬というわけではありませんから、食品と同じようにいつ摂っても問題があるわけではありません。

 

肝臓の機能サポートで考えた場合、だいたい1日に500mgから1,000mgくらいを摂取するのが目安になります。1日1回で摂取しても、数回に分けても、あまり差はなさそうです。

 

飲み過ぎた時

夜、お酒を飲み過ぎたというような時には、飲んだ直後にオルニチンのサプリメントを飲んだり、寝る前に飲んだりしても効果があるようです。肝臓のはたらきをサポートさせるなら、お酒を飲んだ直後に飲んで、その後しばらく起きていたほうがより効果的でしょう。

 

肝臓でのアルコールの解毒作用は、眠ってしまうと低下してしまうことがわかっています。早めにオルニチンを補給して、しばらくは水分を補給しながら目を覚ましているほうが解毒が進む可能性が高いです。

 

二日酔いの朝に

目が覚めて、残念ながら前の日のお酒が残ってしまっている場合、朝食と一緒にオルニチンを摂取するのは良い方法です。

 

昔から二日酔いの朝にはしじみの味噌汁が良いと言われますが、確かに大豆たんぱく質、塩分、水分、オルニチンを摂取することが出来るので、かなり理想的な回復食です。

 

気分が悪すぎて食事が出来ないほどであれば、水分とオルニチンサプリメントだけでも摂って早く毒を体外へ出す努力をするのが一番です。

 

体内には分解で出来たアンモニアが大量にあるはずですから、これを早く尿として捨ててしまわない限り、身体がスッキリすることはないでしょう。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ