オルニチンの副作用

オルニチンの副作用[肝臓に良いサプリメント]

オルニチンの副作用

肝臓の働きを助けるオルニチンには、基本的に副作用はありません。
食品からオルニチンを過剰に摂取しようと思うと、かなり莫大な量になります。

ですから、オルニチンの摂り過ぎによる副作用を考える必要はありません。
オルニチンの入っているシジミ、チーズ、パン、ヒラメ、マグロ自体に
アレルギーがあれば、食べないようにすることです。

オルニチンのサプリメントを摂取する場合は、メーカーの推奨量以内を飲むことがお勧めです。
オルニチンの1日の必要量は、400mg〜1000mgですからその範囲内に留めましょう。

サプリメントは、健康食品であり、薬ではありませんので副作用はありません。
しかし、サプリメントにはオルニチン以外にも含まれる成分があります。

他の成分が過剰摂取になると悪影響を及ぼす場合も
ありますので適正量に留めるのが良いでしょう。

サプリメントには、主成分の他に
セルロース・レシチン・ソルビトールなどのつなぎ成分や

成形時に型にくっつかないようにするための
炭酸マグネシウム・二酸化ケイ素、パラフィンワックス・マイクロクリスタリンワックスなどの光沢剤、

タール色素・葉緑素などの着色料、
ソルビトール・キシリトールなどの甘味料・保存料などが含まれています。

添加物の配合は、サプリメントにより異なりますし、無添加のサプリメントもあります。
主成分だけではなく、安心できるサプリメントを選んで健康増進しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ