肝臓に良いオルニチンとは

肝臓に良いオルニチンとは[肝臓に良いサプリメント]

肝臓に良いオルニチンとは

最近、オルニチンという言葉をよく耳にするようになりました。
オルニチンとは、シジミに多く含まれていて
お酒を飲む人や美容に効果的でサプリメントにもなっている成分です。

オルニチンはシジミに多く含まれるアミノ酸の一種で、肝臓で活躍します。
もともと人間の体内にも存在する成分ですが、
シジミなどの食品から補うことでより肝臓の働きを助けます。

オルニチンは、『遊離アミノ酸』です。アミノ酸とは、タンパク質の一種です。
アミノ酸の体内での役割は、筋肉、血管、内蔵などを構成しています。

必須アミノ酸やアミノ酸(非必須アミノ酸)は、よく耳にすると思います。
遊離アミノ酸は、必須アミノ酸や非必須アミノ酸とは、全く別の働きをします。
血中や脂肪の中を巡り、タンパク質を構成しないまま、必要な時のみ働くことができるのです。

シジミなどに含まれるオルニチンは、他のタンパク質とは違うんですね。
また、オルニチンは、体内で『ポリアミン』に変化します。
ポリアミンは、肌の新陳代謝を促します。

新陳代謝が良くなると、カロリー消費が大きくなりダイエット効果があります。
また、肌がきめ細かくなり、爪や髪の毛も綺麗になり免疫力も向上します。
オルニチンは、シジミ以外にも、チーズ、パン、ヒラメ、マグロ等に含まれます。

ホーム RSS購読 サイトマップ