肝臓を健康に保つには

肝臓を健康に保つには[肝臓に良いサプリメント]

肝臓を健康に保つには

肝臓は、『沈黙の臓器』とも呼び、
病気を発見した頃にはすでに手遅れという場合も多いです。
しかし、よく気をつけていれば肝臓のSOSサインに気がつくことができます。

肝臓の調子が悪いと起こる症状を挙げてみます。

・右腹部が重苦しい
・生理不順
・お腹が張る
・爪が白くなったりいびつになったり縦線が入る
・食欲不振や吐き気
・疲れやすい
・お酒に弱くなる
・体が痒い
・風邪のような寒気、熱、関節痛

等が挙げられます。

さらに肝臓病が進行すると、

・男性の乳房が女性化
・白っぽい便
・尿が茶色
・白目が黄色くなる
・手のひらが赤くなる
・体に赤い斑点ができる

などの症状がでます。

もちろん、上記の症状は肝臓病以外でも出る場合がありますので、
気になったら病院に行って検査してもらうと良いでしょう。
肝臓の健康を保つには、ストレスの少ない生活を心がけます。

和食中心の食生活で3食きちんと栄養を摂り、腹八分目を心がけます。
豆腐や魚、肉などから良質のタンパク質をバランスよく摂取し、
タウリンやビタミン類を積極的に摂ります。

過度な飲酒や高脂肪の食事は肝臓に負担を与えますので
なるべく控えるように心がけることが肝心です。
近年、肝臓の健康を考えてサプリメントで栄養補助する

ホーム RSS購読 サイトマップ