肝臓の病気と原因

肝臓の病気と原因[肝臓に良いサプリメント]

肝臓の病気と原因

肝臓の病気は、あまり自覚症状が無いまま進行しますので注意が必要です。
肝臓の病気は早期発見・早期治療がカギになります。

肝臓の病気には、『脂肪肝』『肝炎』『肝硬変』『肝臓ガン』などがあります。
肝臓の病気のおよそ1割は、健康診断で発見できます。

しかし、健康診断の結果の見方が分からなかったり、要再検査の通知が来ても
忙しくて再検査しないままにしてしまうこともあるのではないでしょうか。

健康診断の結果にGOT、GPT、γ-GTPなどの数値があるのを見たことがある方も多いと思います。
この数値が異常だと肝臓に何らかの病気が隠れていると言えます。

また、健康診断の血液検査からも肝臓の病気を発見することができます。
アルコール性肝障害が約6割、肝脂肪が約3割、慢性肝炎が約1割発見できるそうです。

肝臓病の3大原因は、ウイルスとアルコールと肥満です。
その中でも肝炎ウイルスによる病気が8割を占めています。

肝臓ガンに移行することも多いB型肝炎やC型肝炎は、血液感染です。
出産時の母子感染や輸血などで起こっていましたが、現在はワクチンで防いだり、
輸入血液の検査もされていますので今後、感染する心配はありません。

肝臓病の中の1割はアルコール、その他脂肪肝や免疫病などがトータルで1割とされています。
アルコール性肝障害は、脂肪肝へ進み、その後も飲酒を続けると肝硬変や肝線維症になります。
肥満の方で非アルコール性脂肪性肝炎の場合も病状が進むと肝硬変になります。

いずれも、早期発見・早期治療が必要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ