自分でできる二日酔い対策

自分でできる二日酔い対策[肝臓に良いサプリメント]

自分でできる二日酔い対策

二日酔いにならないために、自分で出来る対策についてまとめてみましょう。
お酒を飲む前から飲んだ後まで、ちょっと気をつけるだけでも翌日の体調は変わります。

 

飲酒前の対策

まず、お酒を飲む前にお腹の中に何か食べ物を入れておくのはとても効果のある対策です。

 

職場の飲み会などで自分のペースで飲食をしにくい時には、始まる前に何か食べ物をつまんでおくか、ナッツなどを食べておくと有効です。実は脂肪分は二日酔い防止にとても役立つ栄養素で、ナッツに含まれる植物性脂肪などは本当に理想的な食べ物です。

 

体内でのアルコール吸収がとてもゆるやかになりますので、悪酔いしたり、翌日残ったりしにくくなります。

 

飲酒中の対策

お酒を飲んでいる間は、常にペースをゆっくりとキープするよう心がけましょう。

 

かなりハイペースな人と一緒に飲んでいたり、盛り上がって楽しくなったりすると、ついつい自分のペースを忘れてしまいがちですが、お酒を口に運ぶペースは常に一定に保つよう心がけるのがスマートなお酒の飲み方です。

 

また、炭酸や水で割って飲むお酒は、場合によっては濃さが一定になりません。

 

特にボトルがテーブルにあってその場で割るような場合には、どんどん濃くなる場合がとても多いので注意が必要です。お酒の量以上に水分も摂ることが重要ですので、出来ればお酒とミネラルウォーターを交互に飲むのがおすすめの対策です。

 

肝臓のエネルギーが枯渇して低血糖にならないために、つまみも適度に食べましょう。

 

飲酒後の対策

寝ている間は、肝臓でのアルコールの分解がスムーズに行かなくなることが最近わかりました。

 

なんとなく、お酒を飲んだら寝てしまったほうが早く分解されるようなイメージがありましたが、実は起きているほうが分解出来るアルコール量が多いのです。

 

飲み会から帰って来てすぐに寝てしまう、家で寝酒してそのまま寝るのは実はNG。飲んだ後は時間を置いて、起きている間にアルコールを分解したほうが、実際には二日酔いになりにくいのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ