二日酔いは予防出来る?

二日酔いは予防出来る?[肝臓に良いサプリメント]

二日酔いは予防出来る?

お酒の場は楽しいものですが、二日酔いだけはどうしても避けたいものです。

 

飲む時に予防出来るのであれば、それに越したことはありませんよね。
二日酔いは、果たしてどこまで予防出来るのか、ちょっと調べてみましょう。

 

飲むペースをコントロールする

アルコールは、ゆっくり飲むだけで二日酔い予防になります。

 

「えっ、そんなに簡単なこと?」と思うかもしれませんが、飲むペースを守ることで、次の日の状態を明らかに変えることが出来るのです。もう少し詳しく言えば、飲む速度を遅くするというよりも、「アルコールが体内で吸収される速度を遅くする」というほうが正しいでしょう。

 

一番悪いのが空腹の時に一気にがぶ飲みすることで、これはたった1杯のビールであっても、大きく二日酔いに近づいてしまう行為です。

 

空腹時には飲まない

アルコールがゆっくり吸収されるということは、血中のアルコール濃度がゆっくり上昇することにつながります。胃の中に食べ物があればより吸収が遅くなりますし、低血糖状態にもなりにくいので二日酔いの予防になります。

 

からっぽの胃に濃度の高いアルコールを一気に入れれば、一気に吸収と分解が始まって急激な有毒物質の増加につながります。二日酔いどころか飲んでいる最中に健康を害する危険性がありますので、お腹が空いている時は、まず何か食べ物を食べてからにしましょう。

 

また、お酒と一緒に水分を摂ることも大きな予防になるのですが、チェイサーを飲む習慣の無い日本人は、スープ系のものや味噌汁を一緒に摂ると良いでしょう。

 

肝臓に栄養を回す

アルコールの分解は、とにかく肝臓頼みです。二日酔いの原因の中に低血糖がありますが、これは肝臓が溜めているグルタミンが足りなくなることで起こります。

 

お酒を楽しく飲むのであれば、肝臓にエネルギーを与える食事を一緒に摂ることが必須。

 

肝臓の機能を高めるスルフォラファンや、アセトアルデヒドを分解する時にはたらくアラニンやグルタミン、オルニチンやタウリンなどを含む食品を摂取すると、二日酔い予防につながります。


ホーム RSS購読 サイトマップ