二日酔いの体臭にもオルニチン

二日酔いの体臭にもオルニチン[肝臓に良いサプリメント]

二日酔いの体臭にもオルニチン

二日酔いで気分が悪いのは本人にとってかなり辛いことではありますが、実は周囲の人はその人の体臭にかなり辛い思いをしている場合もあります。

 

二日酔いの時、またはお酒を飲んだ翌日に、自分の体臭が臭いと感じたことはないでしょうか?
酒臭いだけではなく、なんとも言えない強い臭いで自分が不快になることもあります。

 

そんな時の体臭には、分解されていないアセトアルデヒドやアンモニア臭が混ざっていることが多く、お酒の臭いとアンモニアの臭いで、かなり迷惑な存在になってしまっている場合も多いのです。

 

そんな時にもオルニチンは優れた効果を発揮してくれます。

 

アンモニアの解毒を促進する

オルニチンのはたらきの一つに、アンモニアの解毒があります。

 

実はアンモニアは人間が食べたものを体内で分解する時にどうしても発生してしまう有毒物質で、これはすみやかに尿として体外へ捨てなければいけないものなのです。

 

アルコールを摂取すると、体内でアンモニアが大量発生するため、うまく外へ捨てられない場合には血液中にアンモニアが溶け出して体中を回ってしまうことになります。

 

こうなると、体臭が強くなるのと同時に、本人はひどく疲労して倦怠感が生まれます。

 

二日酔いの日にどうも身体が重いという人は、体内でアンモニアが溜まっている可能性がありますね。オルニチンを摂取すれば代謝が上がり、アンモニアを早く捨てられる可能性があります。

 

二日酔いに限らず加齢臭も

お酒を飲む、飲まないに限らず、誰でも年齢と共に発生する加齢臭に関しても、体内のアンモニアは大きく関係しています。体内のアンモニア解毒機能であるオルニチンサイクルが活発に働いていないと、アンモニアは体臭や口臭に混じって外に出て行きます。

 

身体を清潔にして、マウスケアもしっかりしても、体内から発せられる有毒ガスの臭いは消すことは出来ません。程度問題はありますが、常に体内でアンモニアが大量発生するような食生活を送っている人は特に注意が必要ですね。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ