二日酔いとオルニチン

二日酔いとオルニチン[肝臓に良いサプリメント]

二日酔いとオルニチン

お酒、肝臓、二日酔いという話になると、必ず出て来るのがしじみです。

 

それだけしじみには大きな効果がある成分が豊富に含まれているわけですね。
そんな有効成分について調べてみましょう。

 

オルニチンのはたらき

オルニチンは、私たちの体内で作られるアミノ酸です。しじみにしか含まれない成分ではなく、たんぱく質を摂取した後で、アルギニンという物質が酵素に分解されるとオルニチンが出来ます。

 

「非」必須アミノ酸なので、毎日絶対に摂取しなければ生命維持出来ないような物質ではないのですが、とても重要なはたらきを持っています。大きくは肝機能のサポートや腎臓機能のサポートで、その他にも成長ホルモンの分泌を促進するはたらきもあります。

 

解毒に大きく貢献

オルニチンはオルニチン回路と言われる体内の解毒サイクルに深く関わっていますが、主に体内で発生するアンモニアなどの有害物質を尿として体外へ排泄する部分で大きく貢献します。

 

解毒作業は肝臓が一手に引き受けているのですが、そこで生まれる捨てるべき物質を速やかに捨てる手伝いをしてくれるのがオルニチンです。だから、アルコールを摂取した後で分解した時に出る有害物質を捨てる時にも、オルニチンは大きく貢献してくれるわけです。

 

過剰に摂っても害は無い

オルニチンは、体内で作られる物質で、通常であればあまり不足することはないと言われています。

 

でもアルコールを摂取した時など、特に肝臓がフル活動する時に補給してあげると、よりスムーズな解毒が可能となります。オルニチン自体はしじみにとても多い物質ですが、オルニチンを生み出すためのアルギニンは、たんぱく質をたくさん含む食品に多く含まれています。

 

鶏の胸肉や豚ロース、牛のサーロイン、ブリやハマチなどにアルギニンは多いですが、一方でカシューナッツやゴマなど、種子類に非常に多く含まれるのが特徴です。

 

お酒と一緒にこれらのつまみを食べることはとても良いことですが、もし二日酔いになってしまった後であれば、オルニチンのサプリメントを補給したほうが手軽ですよね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ