二日酔いの原因は?

二日酔いの原因は?[肝臓に良いサプリメント]

二日酔いの原因は?

お酒を飲むのは楽しいけれど、心配になるのが体調不良だという人は少なくありません。
そもそも二日酔いというのがどういう状態か、あなたはちゃんと理解出来ているでしょうか?

 

「お酒を飲んだ次の日に具合が悪くなること」だと言えますが、その原因は実は一つではありません。同じくらいのアルコール量を飲んでも、翌日平気な時もあればまったくダメな時もあります。

 

まずは二日酔いの原因についてちゃんと勉強してみましょう。

 

症状と原因との関係

二日酔いは人によってさまざまな症状がありますが、それらは何が原因で起こっているかによって差が出て来ます。例えば、アルコールの中の血管を拡張させる物質を大量に摂取した場合には、脈と同時にズキンズキンと起こる頭痛の原因になります。

 

また、体内でアルコールを分解解毒するために使われる水分量が多かった場合、体内が脱水状態になってだるくなったり吐き気が出たりします。

 

つまり、前の日に飲んだお酒の量だけでなく、その種類によっても症状に変化があるのです。

 

原因となる物質がある

アルコールは、もともとその中に含んでいる物質に、体調を悪くするものがあります。

 

代表格はアセトアルデヒド、アデノシンなどで、これらの物質が代謝しきれず次の日にまで残った状態が二日酔いとなります。特にアセトアルデヒドは体内で肝臓がアルコールを分解する時に発生するもので、こればかりはひたすら肝臓の解毒を待つしかありません。

 

この分解酵素を多く持っている人は比較的お酒に強い人、ほとんど持っていない人はお酒が飲めない人となります。また、メタノールを多く含むお酒の場合、肝臓での処理に非常に時間がかかるため、翌日に原因物質が残りやすくなります。

 

メタノールの分解時に発生するのは、ホルムアルデヒドやギ酸、二酸化炭素などです。

 

胃酸過多の場合も

アルコールによって胃酸が過剰に分泌されるために、胃が荒れて吐き気が出たり、食欲がなくなったり、下痢になったりするのも二日酔いの症状です。

 

これは胃酸を抑えて吐き気を抑えるしかありませんが、市販薬もいろいろと販売されています。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ