二日酔いの原因物質〜ホルムアルデヒド

二日酔いの原因物質〜ホルムアルデヒド[肝臓に良いサプリメント]

二日酔いの原因物質〜ホルムアルデヒド

飲むお酒の種類によって、二日酔いを起こす原因物質が異なる場合があります。
特に注意が必要なホルムアルデヒドについてまとめてみましょう。

 

ホルムアルデヒドとは

メタノールを多く含むお酒を飲んだ時に、いつもはお酒を飲んでも平気な人が、何故かひどい二日酔いになってしまう場合があります。これは、メタノールが分解される時に発生するホルムアルデヒドが大きな原因になっている場合があります。

 

メタノール自体は、お酒である以上多かれ少なかれ含まれる物質ではありますが、お酒の種類によってその含有量は異なります。基本的にアルコール度数の高いものほどメタノール含有量は多いのですが、度数とは関係なく、ウイスキーやブランデー、テキーラなどには多く含まれるため、いつもビールをたくさん飲んでも平気な人が、普段飲みなれないウイスキーを飲んだら二日酔いになってしまった、ということは起こり得るのです。

 

分解には時間がかかる

メタノールは、分解が終わるまでにとても時間のかかる物質です。アルコールのほとんどはエタノールなのですが、肝臓はまず先にエタノールを分解して、その後にメタノールの分解を行います。

 

メタノールの分解優先順位が低い上に、分解された時に出来るホルムアルデヒドやギ酸などは頭痛や吐き気などを起こす有害物質なので、翌日残ってしまうとひどい二日酔いになります。

 

解毒までにかかるトータルの時間がとても長くなりがちなので、体内に残りやすいお酒なのですね。

 

肝臓に頼るのみ!

エタノールもそうですが、メタノールも分解や解毒は肝臓のはたらきに頼るのみです。
薬を飲んでも分解はできませんし、自分の代謝能力をフル活用するしか方法がないのです。

 

少しでも二日酔い対策をするのであれば、アルコールの摂取量を控えるのは当然のこととして、肝臓のはたらきを高める栄養を補うなどの工夫をするべきでしょう。

 

注意が必要なのは人工甘味料を含む飲食物やフルーツジュースなどを摂ることで、これらにもメタノールが含まれますので、毒物を追加することになってしまいます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ