二日酔いの原因物質〜アデノシン

二日酔いの原因物質〜アデノシン[肝臓に良いサプリメント]

二日酔いの原因物質〜アデノシン

二日酔いを起こしやすい物質にもいろいろとあります。
その中でも特に頭痛に関係する原因物質についてまとめてみましょう。

 

アデノシン

アデノシンは、血管を拡張するはたらきのある物質です。
だから、育毛成分として頭皮に使う外用薬などにも配合される場合がありますね。

 

血管が拡張するので血流量が増え、冷え性などの人には改善効果があります。

 

アデノシンを含むお酒を飲んだ時に、身体がポカポカと温かくなったと感じる時には、アデノシンが効果を発揮しているというわけですね。

 

日本酒に多い

アデノシンを多く含むお酒の代表格は日本酒です。
ぬる燗や熱燗などにして日本酒を飲めば、ほんの少しでも身体がすぐに温かくなりますよね。

 

リラックス効果もあるので、ストレスなどで血管が収縮したままになってしまった人は、日本酒を飲んでほっと一息つくのも良いですね。

 

筋肉のこりもほぐれるので、肩こりの改善にも効果があります。

 

長くなると炎症に

ただ、やはり過ぎたるは及ばざるが如しということわざがあるように、飲み過ぎてしまうと、この血管拡張作用が炎症につながってしまう場合があります。二日酔いの中でも多いのが、脈打つように起こるズキンズキンとした頭痛ですが、これはアデノシンによる血管の炎症である可能性があります。

 

アデノシンの作用を抑制する成分としてはカフェインがありますので、頭痛だけが残ってしまったような二日酔いには、コーヒーの摂取も効果があるでしょう。

 

ただし、二日酔いには他にも原因物質がありますので、胃酸過多になっているところにコーヒーを流し込んでしまうと、今度は激しい胃痛が起こってしまう可能性があります。

 

胃腸にも不調がある場合には、牛乳を飲むことでセロトニンの鎮静作用に期待するほうが無難でしょう。頭痛薬も効果はありますが、アルコールの分解でヘトヘトになっている肝臓に薬の分解で更なる負担をかけることになります。

 

なるべくなら目を閉じて安静にして、時間をかけて解毒を待ったほうが賢明です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ