二日酔いの原因物質〜アセトアルデヒド

二日酔いの原因物質〜アセトアルデヒド[肝臓に良いサプリメント]

二日酔いの原因物質〜アセトアルデヒド

二日酔いになるのは、アルコールの分解途中に発生する原因物質のせいです。
それぞれどのような物質なのか、調べてみましょう。

 

アセトアルデヒドとは

アルコールが体内に入った後で、肝臓が解毒する途中に発生するのがアセトアルデヒドです。

 

これはアセトアルデヒド脱水素酵素と呼ばれる酵素のはたらきで行われる代謝の過程で出てくる物質なのですが、なんとアルコールの10倍以上の毒性があると言われる有毒物質なのです。

 

日本人が二日酔いだという場合、ほとんどがこのアセトアルデヒドの分解が追いついていないことが原因だと言われているのですが、それは日本人が体質的に、アセトアルデヒドをうまく分解出来ない人が多いからだと言われています。

 

アセトアルデヒド脱水素酵素とは

アセトアルデヒドを分解するのは、アセトアルデヒド脱水素酵素というものです。

 

人間の身体にはアルコールを分解するアルコール分解酵素と、それによって出来るアセトアルデヒドの分解酵素とが別々にあります。

 

だから例えアルコールそのものを分解する能力が高くても、その後に出来るアセトアルデヒドの分解能力が低い場合には、いつまでも有毒物質が体内に残ってしまうことになります。

 

つまりそのタイプの人は、お酒を飲み始めてどんどんアルコールを分解すると、アルコールの10倍近い毒性を持つアセトアルデヒドがどんどん体内に作られることになりますから、アセトアルデヒド脱水素酵素が不活性の場合大変な二日酔いになってしまう可能性が高いわけです。

 

自分の体質を知ろう

自分の体質を詳しく知ると、お酒を楽しく飲めて二日酔いを減らすことも可能な場合があります。

 

一番長くお酒を楽しめる人は、比較的アルコール分解能力が低めで、しかもアセトアルデヒド分解能力が高い人でしょう。すぐにほろ酔い気分になれるのですが、その後の分解は早いので、長くほろ酔い状態を楽しめることになります。

 

これが真逆になってしまうと、かなりお酒を飲んでもなかなか酔わず、しかも後からひどく悪酔いしてしまうので、二日酔いにはかなり注意が必要ですね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ